HOME > むちうちの症状とは?

むちうちの症状とは?

むちうちの症状とは?

「むち打ち」という言葉は、医学用語としては、特別なもののようです。なぜなら、これは、ケガの起り方をあらわすことばで、病名とはいいにくいものだからです。

交通事故の5割以上が追突事故ですが、追突されて以来、激しい頭痛やめまい、吐き気、頸部の痛みを起こす方が、多くおられます。
これらは、治療に長い日時がかかったり、あまり改善されない、難治性のものもあります。

首がムチのようにしなることにより、瞬間的にかなりのダメージがあります。ましてやその首の上には、重い頭が乗っています。
さらに、首の骨の中には、頸髄と言って、脳と同じ中枢神経が走っています。

ですから、むち打ちによっていろんなつらい症状が引き起こされても無理ないかもしれません。

しかし、交通事故の被害者の方が、苦しんでいても、検査では、異常なしといわれる場合も少なくないので、その点が「むち打ち」の後遺症の方の共通の悩みの根底にあるといっても過言ではありません。

むち打ちによる頭痛

首の後ろ、特に上の方の筋肉が緊張すると、上部頸椎(首の上の方の骨)から出ている、大後頭神経という神経を圧迫します。
これは、むち打ちにより、首を損傷したことにより起こる頭痛です。
筋緊張型の頭痛と呼ばれていて、入浴や首の後ろを蒸しタオルで温めることで、改善しやすいです。

一方、コメカミのあたりが、ドクドク脈打つように痛み、冷やすと軽減する様な頭痛は、偏頭痛です。
これは、交通事故のストレスなどで起りやすい、血管拡張型の頭痛です。

両者は対処の仕方が正反対なので、注意してください。
また、鎮痛剤の多用も、薬剤型頭痛といって、「薬が切れると頭が痛くなる」という事もあるので、それにも注意が必要です。

むち打ちにより直接的に起こる、筋緊張型の頭痛は、当院のむちうちの施術受けて頂ければ、根本的な部分から改善します。
偏頭痛にも対処できますので、ご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2013/08/05

8月8日(木曜日)午後と9日(金曜日)終日は、技術セミナー参加の為、臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
さらなるレベルアップを図り、皆さんに還元します。

2013/07/22

平成25年7月18日木より、毎週木曜日は、午後お休みとさせていただきます。

最近とても忙しくて、勉強したり体を鍛えたりする時間がないのが、主な理由です。
この時間を活用して、リフレッシュしながらも自分を高め、それを施術に生かして行きたいと思っています。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

HPの施術時間の表は、後日訂正します。

2013/07/12

7月12日はセミナー参加のため、終日お休みをいただきます。
施術のレベルアップのためです、ご期待ください。

2013/07/11

7月11日午後は、セミナー参加のためお休みです。
ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
 

あおやま整骨院あんど鍼灸院
住所
〒654ー0022
神戸市須磨区大黒町1ー2ー11
お電話でのお問い合わせ 078-797-0101
診療時間

[平日]午前8:40~12:00
午後15:30~20:00

[休診日]木曜と土曜日の午後、日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ